施工事例06

国産材を使ったポスト&ビーム工法の住まい

case06

木材を丸いまま組み合わせた、ポスト&ビームは在来木造住宅です。輸入材を使うのが一般的なポスト&ビーム工法ですが、青い風では、日本の風土に最適で、耐久性の高い国産材にこだわっています。壁には珪藻土を使用し、内部の木材は自然塗料である柿渋仕上げを施す、こうした材質の選定にも施主さまの思いが反映され、自らもペイント作業に加わることで、より満足度の高い住まいづくりが実現しました。


敷地面積

403.00㎡

延べ床面積

145.22㎡

1階面積

77.22㎡

2階面積

66.00㎡

工法

ポスト&ビーム工法